都市対抗野球 4日目第3試合 まりの


末次まりのです!

更新が遅くなってしまってすみません(*_*)
4日目は2試合目、3試合目しか観戦できなかったのですが、画像が3試合目のものしか撮れていないので、そこだけになってしまいますが記事を書かせていただきます。

3試合目はNTT東日本(東京)と四国銀行(高知)の対決でした!

NTT東日本の先発は大竹飛鳥投手(関東学院大)
2次予選でも5チーム中最多の4試合に登板し、大車輪の活躍を見せ続けています。

四国銀行の先発・菊池大樹投手(龍谷大)
新人でありながら四国2次予選では全2試合に先発し、代表決定戦では松山フェニックスを4安打に封じ完封勝利をおさめた若きエースです。


試合はNTT東日本が2回裏に村上純平選手(補強・鷺宮製作所)のライトスタンドへのホームランで先制します。
村上選手は10年連続本大会出場選手として表彰を受けており、自らのバットで祝砲をあげました!

NTT東日本はその後も追加点をあげ、3-0で迎えた5回表。四国銀行が反撃の狼煙をあげます。
2アウトから連打で得点圏にランナーを進めると、田中勇士選手(松山大)がレフトへタイムリーヒットを放ち1点を返します。
タイムリーヒットを打った田中選手。

さらに平山友選手(大阪学院大)も続き、1点を追加したところでNTT東日本は先発・大竹投手を諦め二番手の左腕・森山一茂投手(東北福祉大)にスイッチ。
三振を奪い後続を断ちます。

ピンチを切り抜けベンチに戻る森山投手。
この裏にNTT東日本は2点を追加し、点差は再び3点に。

高知代表の四国銀行の応援団は、よさこいを披露!
鳴子のリズムが三塁側から響きます。
様々な地方の伝統芸能を楽しむことができるのも都市対抗の魅力のひとつだと思っているので、見ていてとても楽しかったです(^^)

一方のNTT東日本の応援ステージにはお神輿が登場して盛り上げます。

四国銀行、二番手は藤川 将選手(補強・JR四国)

試合はその後もNTT東日本が効果的に得点を重ね、8回裏にはNTT東日本・福田周平選手(明治大)がダメ押しの2ランホームラン!


福田選手はこの日3安打5打点の大暴れ!


終わってみればNTT東日本は3本塁打を含む9安打11得点で快勝。四国銀行を下しました。


NTT東日本のチアリーダーは衣装替えが多くとても華やかでした!


次の記事では大会5日目の試合の様子をレポートします!

0コメント

  • 1000 / 1000